営業カレンダー
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日
2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
休業日
営業時間
8:20~17:20
定休日:土日祝・夏季・年末年始
※ご注文は24時間年中無休で
受け付けております。

よくあるご質問

サイトマップ

 

生きているから毎日少しずつ味が深まる 『天然醸造生味噌』

商品名 : 生きているから毎日少しずつ味が深まる 『天然醸造生味噌』

価格 : 842円(税込)

数量 :

栽培方法・数量

寒さ厳しい折、雪国福井の風土で
ゆっくり時間をかけて造る生きた味噌


本物にこだわるタナカ農産グループでは、加賀味噌食品工業組合様に、私たちが有機栽培した無農薬コシヒカリ100%と、有機栽培・低農薬大豆(福井県の品種:エンレイ)を使用し、味噌の醸造を依頼しています。
天然塩のみを加えて、毎年2〜3月に仕込み、雪国福井の風土の中でゆっくり時間をかけて天然熟成させます。

 

味噌を生きたままお届けする為のこだわりの容器


「無添加天然醸造生味噌」は、酵母菌が生きており、日が経つにつれ色が変化し(黄色から赤、次いで赤黒くなる)おいしい味噌になります。生きている味噌なので、味噌が呼吸する為に、割高ですが弁のついた容器を使用しています。熟成した味噌の味もお試しください。

 

生きている味噌は昔ながらの味噌本来の姿


市販されている味噌には、国産の約20%という安価な外国産大豆や、外米を使用して仕込み、加温して速醸し、1〜2か月の短期間で人工的に発酵を速くしたり、出荷時に酒精(エチルアルコール95度)を味噌全体の約2%になるように添加して、酵母菌を殺し、発酵を止めているものが殆どです。
なぜなら、発酵し続けるとガスが出て、ビニール袋等の密封容器が破裂するためです。
これらはいわゆる死んだ味噌で、味噌本来のおいしさと風味はありません。
昔は木製の樽やカメに入れていたので、全て生きた味噌でした。
そのため、いろんな添加物は不要でした。
タナカの味噌はこの無添加の生きた味噌なので、本当の美味しさに自信があります。


●酵母菌が生きている味噌です!味噌が呼吸(常時発酵)し、熟成を続けています。
 日が経つにつれ色が黄から赤みを増し、次いで赤黒く変化しておいしい味噌になります。

●私たちが有機栽培した無農薬コシヒカリと低農薬大豆を使用。

●常温で保存できますが、赤みを増すのが嫌な方は冷蔵庫で保存してください。

ページトップへ