営業カレンダー
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
休業日
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
休業日
営業時間
8:20~17:20
定休日:土日祝・夏季・年末年始
※ご注文は24時間年中無休で
受け付けております。

よくあるご質問

サイトマップ

 

【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 胚芽米

商品名 : 【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 胚芽米

製造元 : タナカ農産グループ

原産地 : 原産地:福井県福井市東郷地区

価格 : 1,210円(税込)

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
量 x 真空袋オプション

普通袋鮮度長持ち!真空米袋【~5kg+75円,10kg+108円】
2kg(1,210円)
3kg(1,700円)
5kg(2,690円)
10kg(5,230円)

・胚芽や糠層には農薬や環境ホルモンが蓄積されるので、特に無農薬米がおすすめ!
 
・胚芽付米は、真空袋での購入をお奨めします。
(白米と比べて米糠が残っており酸化しやすいので劣化を防ぎます)
 
・タナカ農産の胚芽付米は、白米を100%とした場合、
約80%の精米率で米糠が約20%残り、胚芽は約50〜60%残っています。
 
・秋の収穫直後は、胚芽が取れやすいので胚芽の残存率は少なくなる傾向にあります。


私たちが作る減農薬あきたこまちの特徴

化学肥料不使用・農薬も通常栽培の5割以上カット
残留農薬はもちろん“0”のあきたこまち


あきたこまちは、コシヒカリと奥羽292号の交配で誕生したお米です。粘りと独特の香りがあり、ほどよいコシとあっさりとした食味は和食にピッタリ。コシヒカリに比べて粘りはやや控えめで、炊きあがりの光沢もよく、炊きたての美味しさはもちろんお弁当やおにぎりにも最適です。

タナカの減農薬米あきたこまちは、農薬は必要最低限だけ使用。化学肥料は使用せず、あんしんの有機肥料で育てました。

 
米作りを行うここ東郷地区は、北陸の福井県でも有名な自然豊かな地域。
冬には雪が積もり一面の美しい銀世界に変わります。
東郷地区の周辺にはたくさんの山々が存在し、冬の季節に多くの積雪があり、その山々も真っ白に染まります。
美味しい米作りに欠かせない「清らかな水」はその山々の雪解け水がすべての始まりとなって私たちの田を潤します。
東郷地区の土壌は福井県三大河川の一つ、足羽川流域に位置し、「沖積土壌(ちゅうせきどじょう)」と呼ばれ、耕作土の下は砂や砂利層で形成されています。 砂利層は水はけがよく、常時新鮮な水が流れ込むことで丈夫な根が地中深く入り、しっかりと成長する ので、東郷地区は米づくりにとって最高の環境といえます。
東郷地区には夏の暑い時期だけに「あらし」と呼ばれる川風が吹きます。 新潟の魚沼市などの米の名産地と呼ばれるところにしか吹かない「あらし」。 それらの地域と同じような環境で作られる東郷米は大自然の恵みを受けて美味しく育ちます。
減農薬あきたこまちの商品一覧
【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 白米
【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 白米
【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 玄米
【減農薬】東郷米あきたこまち(令和元年産) 玄米

ページトップへ