営業カレンダー
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
休業日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
営業時間
8:20~17:20
定休日:土日祝・夏季・年末年始
※ご注文は24時間年中無休で
受け付けております。

よくあるご質問

サイトマップ

 

【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 玄米

商品名 : 【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 玄米

製造元 : タナカ農産グループ

原産地 : 原産地:福井県福井市東郷地区

価格 : 1,490円(税込)

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
量 x 真空袋オプション

普通袋鮮度長持ち!真空米袋【~5kg+75円,10kg+108円】
2kg(1,490円)
3kg(2,120円)
5kg(3,410円)
10kg(6,680円)

玄米は胚芽や米糠がそのまま残っており、
食物繊維、ビタミンB1、鉄、カルシウム等が含まれています。
 
●さらにおいしさが一段と増す玄米の炊き方
基準は玄米3合に対してプレーンヨーグルト大さじ2杯
 
1.米を研いで最後の水をすててから、プレーンヨーグルトを入れてよく混ぜます。
2.炊飯器の目盛りまで水を入れます。
水量は白米より少し多めにしたほうがふっくらおいしく炊き上がりますが、
お好みにより水の量を調整してください。
 
<玄米モードがある場合>
3.水に浸して30分から1時間つけ置きします。
4.玄米モードで普通に炊きます。
 
<白米モードしかない炊飯器の場合>
3.玄米を両手にはさみ、すり合わせて玄米の表面に傷をつけ中に水を浸透しやすくします。
4.水に浸して2時間くらいつけ置きします。
白米と同様に普通に炊きます。


私たちが作る減農薬特撰コシヒカリの特徴

化学肥料不使用・農薬も通常栽培の5割以上カット
残留農薬はもちろん“0”の特選コシヒカリ


農薬は必要最低限だけ、化学肥料は使用せず、あんしんの有機肥料で育てました。【コシヒカリ発祥の地:福井県】で特別栽培農産物として認証を受けています。
 

タナカの特選コシヒカリは、農薬を最小に抑えるため、イネの株間を大きく開けて栽培しています。一般的な栽培と比べて一度に作れる量は下がりますが、根本までしっかりと太陽を浴びてのびのび育った、お米本来の味が楽しめます。

コシヒカリの特徴である、香り・コシ・粘りに加えて、タップリと水分を含んだふっくらとした炊きあがりが特徴です。

 
米作りを行うここ東郷地区は、北陸の福井県でも有名な自然豊かな地域。
冬には一面の美しい銀世界に変わります。
東郷地区の周辺にはたくさんの山々が存在し、冬の季節に多くの積雪があり、その山々も真っ白に染まります。
美味しい米作りに欠かせない「清らかな水」はその山々の雪解け水がすべての始まりとなって私たちの田を潤します。
東郷地区の土壌は福井県三大河川の一つ、足羽川流域に位置し、「沖積土壌(ちゅうせきどじょう)」と呼ばれ、耕作土の下は砂や砂利層で形成されています。 砂利層は水はけがよく、常時新鮮な水が流れ込むことで丈夫な根が地中深く入り、しっかりと成長する ので、東郷地区は米づくりにとって最高の環境といえます。
東郷地区には夏の暑い時期だけに「あらし」と呼ばれる川風が吹きます。 新潟の魚沼市などの米の名産地と呼ばれるところにしか吹かない「あらし」。 それらの地域と同じような環境で作られる東郷米は大自然の恵みを受けて美味しく育ちます。
減農薬 特撰コシヒカリの商品一覧
【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 胚芽米
【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 胚芽米
【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 白米
【新米】減農薬 東郷米特撰コシヒカリ(令和2年産) 白米

ページトップへ